Make a Happiness ~ 幸福感の研究 ~ 逆から考える

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06.17 逆から考える
「Make a Happiness」では、「幸せ」や「幸福」という抽象的な概念を「幸福感」という具体的な「感情」へターゲットを絞り、その「感情」を体験したり経験するにはどのように思考・行動すれば良いのかを研究しています。

「Make a Happiness 2 Navigator」のテーマは「バランス」です。
パート2では「バランス」の重要性を理解し、「バランス」のとれた思考を体系化することによって、「幸福感」へ導く「航海図」を作ります。道に迷ったら、パート1でお伝えしてきた「取捨選択」と「整理整頓」に戻って余分なモノや情報を徹底的に削ぎ落としてください。

■扁桃体と視床下部

扁桃体・視床下部R

さて人間の「感情」には、人間の持つ「欲求」が強く影響している事が解ってきました。

「欲求」を司っているのは、人間の間脳にある「視床下部」という部位です。
視床下部は、脳幹の中の間脳という部位に属しています。

この「視床下部(欲求)」と感情を司っている「扁桃体(感情)」は、密接に関係しています。
「欲求」こそが、脳の各部位を刺激し喜怒哀楽などの「感情」を生み出す根本的な源になっています。

脳の中心部にあるこの扁桃体(感情)や海馬(思考)などの集合体を「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」と言います。

大脳辺縁系は、大昔の古代人から人間がずっと持ち続けている「古い脳」で「感情脳」とも言われます。
また「脳みそ」と言われる脳のシワ状になっている部分は「大脳」といい、その表面を覆っている薄い膜のようなものを「大脳新皮質」と言います。
これらの脳は、人間の進化の過程でどんどん大きくなり、いろんなことを考えたり、情報を蓄積したりする「知性脳」として発達してきました。

大脳と連携し情報処理する「海馬」や感情を生み出す「扁桃体」、そして「最も古い脳」である脳幹(脳の最深部)の中にある間脳の「視床下部」は「欲求」を司っています。

つまり、「知性脳(海馬)」「感情脳(扁桃体)」「欲求脳(視床下部)」が脳の中心でうまくバランスしながら、私達が「何を考え、どんな行動をするのか」、絶え間なく判断材料をかき集めているわけです。

扁桃体(感情)と視床下部(欲求)によって形成される「感情」というのは、私達の前頭葉で考えた「思考」の結果であり、私達が行動(反応)したことによって得られた結果です。

「欲求」が「思考と感情」を作り、「思考と感情」が「欲求」を生み出すとも言えます。
このように海馬(思考)、扁桃体(感情)、視床下部(欲求)は常に密接に関係しあっているのです。

■海馬(思考)

目、耳、鼻、舌、皮膚から得られた五感の知覚情報は、短期記憶を司る「海馬(思考)」へ一時的にすべての情報が集められます。

そして、重要な情報か優先度の低い情報かを取捨選択し、過去の記憶や蓄積された知識情報を基に自動的に整理整頓しています。重要な情報であれば、寝ている間に情報処理され、大脳新皮質の長期記憶の保管庫に永久保存されます。

逆にどうでも良い情報は、短時間でその情報を捨てていき短期記憶から消えていきます。
日常の会話やその日にあったエピソードなどは、しばらくの間、短期記憶として海馬(思考)に一時保管されます。

この海馬の習性を理解できると、思い浮かんだ良い考えや大事なアイディアは忘れないようにメモしておくという「メモの重要性」に気が付くことが出来ます。

脳の仕組みがわかると、そもそもなぜメモをするのか「なるほど」と納得できるわけです。
このように海馬は、記憶のもととなるリアルな情報を常に整理しています。
そして、記憶定着させるか否かを判断する、重要な役目を果たしているわけです。

■視床下部(欲求)

「視床下部」は、「最も古い脳」である脳幹(脳の最深部)の中にある間脳という部位にあります。

「視床下部」は、人間の動物的本能(食欲・睡眠欲・性欲)やマズローの説く欲求階層などのより高次な欲求に反応し、人間の持っている本能的欲求・本能的感情を作り出してコントロールする役割を持っています。

また「視床下部」は、自律神経機能(交感神経・副交感神経)と内分泌機能(ホルモン調整)を調節している総合中枢でもあります。
日常の生活で、楽しいうれしい面白いワクワクするといった感情のときは、この自律神経機能のバランスが取れていますが、悩みや不安、緊張などでストレスを感じている時は、「視床下部」から全身に交感神経寄りの信号が出ます。

一方、リラックスしている時や寝ている時は、「視床下部」から全身に副交感神経寄りの信号が出ます。

つまり、リラックスしている状態というのは、「自分で意識的に作り出さなきゃいけない」。
自らが意識的にリラックスしている状態を作り出さない限り、リラックスすることなどできないということ。

悩みや不安を感じている時---視床下部-編

当たり前のように聞こえるが、交感神経と副交感神経のバランスは「ホメオスタシス(体内のバランス機能)」によって通常保たれているが、過度の緊張やストレス、悩みなどで、大きくバランスを崩してしまう。
だからHOWフィルターを使って、「日々の生活にどうしたら、副交感神経優位の時間を作れるか?」を考えることはとても重要な課題なのだ。

幸福感・満足感を感じている時--視床下部-編

①「知覚情報」である目、耳、鼻、舌、皮膚から得られた「五感」。

②「海馬(思考)」に集まった、過去の記憶や蓄積された「知識情報」。

③「視床下部(欲求)」で作り出された「本能的欲求・本能的感情」。

これらの情報が統合されて「扁桃体」で生まれるのが、私達の「感情」なのです。

■扁桃体(感情)

「扁桃体」は、私達の感情である喜怒哀楽を司っています。

扁桃体は情動・感情の処理(快か不快か)、直観力、喜怒哀楽や恐怖の記憶形成に重要な役割を担っています。
中でも不安や緊張、恐怖によるストレスには敏感に反応します。

強い不安や恐怖、緊張状態になると、扁桃体は過剰に反応しストレスホルモンが多量に分泌され「不快の状態」になります。
「不快の状態」では、脳内で神経伝達物質である「ノルアドレナリン」が過剰に分泌されます。

また、不安や恐怖、緊張、悩みは副腎髄質や副腎皮質を刺激し、「コルチゾール」や「アドレナリン」といったストレスホルモンを多量に分泌します。

さらに「不快の状態」になると「視床下部」から全身を交感神経寄りにする信号が出ます。
その状態を長く維持してしまうと、副交感神経が作動しにくくなり自律神経失調症になったり、うつ病などの症状が現れると考えられています。うつ病になると、左扁桃体が過剰な活動を示します。

逆に楽しいこと、嬉しいこと、面白いこと、ワクワクするようなことでは、扁桃体が「快の状態」になります。
「快の状態」では、脳内で神経伝達物質の「セロトニン」や快感物質「ドーパミン」が多く分泌されます。
交感神経と副交感神経のバランスも正常に機能します。

良くも悪くも大きな出来事は、寝ている間に海馬を通して大脳新皮質に長期記憶として定着していきます。
良い記憶も悪い記憶も、その長期記憶を思い出す事によって扁桃体は過剰に働くことが知られています。

扁桃体の役割は、海馬からの情報に対して快か不快か、好きか嫌いかを判断することです。
快か不快か、好きか嫌いかを判断し、その情報をまた海馬へ送り返す。
このように、海馬と扁桃体の間で情報は常に行き来しています。

悩みや不安を感じている時 扁桃体-編

幸福感・満足感を感じている時 扁桃体-編

■逆から考える

このブログでは、幸福感をテーマにしています。
幸福感、満足感、達成感は「感」と文字が付く通り、私達の「プラスの感情」です。

「不安」や「悩み」「後悔」といったマイナス要素には「感」という文字が付いていませんが、
これらは明らかに「マイナスの感情」です。

つまり「感情を具体的に考える」ということは、この「扁桃体」を「プラスの感情」にして「快」の状態を創り出していくことです。

「どう生きるべきか」
「どう日常を過ごすべきか」

脳の機能を理解し分解して、逆からシンプルに考えていけば、ここに何らかのヒントが見つかる。
それは、「快適に生きるため」の究極の逆算であり、幸せだと感じることができる近道でもあるのだ。

これが、このブログの目指す「具体的ゴール」です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://makeahappiness.blog.fc2.com/tb.php/151-68e3b6f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。