Make a Happiness ~ 幸福感の研究 ~ 点と点をつなぐ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Make a Happiness」では、「幸せ」や「幸福」という抽象的な概念を「幸福感」という具体的な「感情」へターゲットを絞り、その「感情」を体験したり経験するにはどのように思考・行動すれば良いのかを研究しています。

「Make a Happiness 2 Navigator」のテーマは「バランス」です。
パート2では「バランス」の重要性を理解し、「バランス」のとれた思考を体系化することによって、「幸福感」へ導く「航海図」を作ります。道に迷ったら、パート1でお伝えしてきた「取捨選択」と「整理整頓」に戻って余分なモノや情報を徹底的に削ぎ落としてください。

■点と点をつなぐ

パート2では「バランスサークル」や「人生の航海図」の話に始まって、幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」の6つのカテゴリーの話、そしてブレインストーミング・グルーピング・プライオリティー(優先順位)という「思考の整理整頓 3つのプロセス」の話、さらに「3つのロジカルフィルター」の話など、ここまでいろんなことを書いてきました。

最初からずっとお読みいただいている方であれば、それらの記憶が頭のどこかに残っているかもしれません。しかし、これら一つ一つの情報記憶は今の段階で頭の中にバラバラに存在している情報の点に過ぎません。
だけど、これらの情報記憶を体系立てて順番に並べて考えていくと、点と点が結びついて一つの線になります。

まだすべての思考プロセスを紹介出来たわけじゃないけど、これまで紹介してきた点と点を結び付ければ、もうある程度は自分のナビゲーションシステムを簡易的に可動出来るところまで来ています。今日はそれをやってみようと思う。

今現在の満足感を高めるには、今後も知識を高めつつも出来るところからすぐに実行していくことです。
では早速パート2の冒頭から振り返りながら、点と点をつないでいきます。

■今現在の満足感を高めるワークフロー

それでは「Make a Happiness」パート2で学んできた内容をいったん整理します。
これまで学んできたことを振り返りながら、内容を復習していきます。
全体を通して「思考の流れ」を理解していけば、「思考の順番」「思考のバランス」と言ったものが頭の中で少しづつイメージできるようになると思います。

私達が普段漠然と考えている「理想と現実」。
その「現実を分析」し、「理想を具体化」すれば、何処に向かって歩いたらいいのか私達の「行き先」は決まる。
目的地が決まってそこまで案内してくれるようなナビがあれば、私達は思い描いている理想のイメージに近づき「達成感」を味わうことができる。また、そうすることによって今現在の「満足感」を高めることが出来る。そうすれば過去記憶となっていくその「満足感」が、やがて「人生の幸福感」に変わっていく。

そのような良い人生を歩むためには、バランスの取れた自分だけの「航海図」を作る必要があります。
私達の人生のGPSは、常に私達の頭の中にある。
サブタイトルにある「Navigator」とは、私達自身です。

人間って当たり前だけど、どんどん歳をとっていく。
子供からだんだん大人になって、やがてはみんな老人になる。
精神も肉体もどんどん発達していくし、思考も感情も時と共に進化していく。
ずっと同じじゃない。

だけど、年齢や時代と共に変化していく私達の思考や感情を常に最適化するのは至難の業だ。
でも、そこに対応していかないと、結局人間っていろんなことで後悔していく。

幸い人間なんて、考えていかなきゃいけないことはある程度枠が決まっている。
ならばそれをフレームワークにすればいいんじゃないか。
そのフレームワークに当てはめて定期的に改善・改革していけば、結果として後悔の少ない人生を歩めるのではないか。
そしてそういう事を考える時、誰もが簡単に使うことが出来る、とてもシンプルで機能的で再現性のある「万能な思考ツール」のような.....そんな便利なものを生み出せないか。
「人生のナビ」に目的地を入力するだけで、自分がどこに向かって歩いていけばいいのか、思考の明確化が出来る。
そんなものを作りたい。
私は、ずっとそんなバカな事を考えている。

そこで考え出したのが「思考の応量器」でした。

思考の応量器

禅僧が食事の際に使う食器のように、栄養のバランスが必然的に取れて、再現性があり、しかも定量化できて、さらにコンパクトに収納もできる。そんなイメージで考え出した。



応量器の一番下にある頭鉢(ずはつ)を「思考の土台」に見立てて、幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」の6つのカテゴリーを含んだ「バランスサークル」を構成している。

バランスサークル1

バランスサークルの話では、「サークル全体の満足感」はもちろんのこと「短期的な満足感」と「長期的な満足感」の時間的視点のバランスも重要であることも書きました。
バランスサークルは「思考」です。

バランスサークル3

幸福感の感情構造は「感情」です。

バランスサークルR

この「幸福感の感情構造」と「バランスサークル」を合体させることで「人生の航海図」を完成させました。
これが誰でもバランス良く、簡単に思考配分が出来る「思考のフレーム」です。
「人生の航海図」は、「思考と感情」という2つのレイヤーが前面と背面に重なり合って構成されています。

ですから考えることは、「何を問題解決したいのか」、「何が不安なのか」、「何を願望実現したいのか。」
それらの思考をフレームに流し込むだけの、とてもシンプルなモノです。

「人生の航海図」は、「思考」と「感情」のバランスを保ち、今現在の「満足感」を高めるためのツールです。今現在の「満足感」が高まれば、過去記憶となっていく「満足感」が過去形となり「幸福感」へと変化します。

この「思考の型」は、自分の悩みや不安などをテーマにすれば問題解決となり、自分が今何を望んでいるのかと言う願望をテーマにすれば願望実現になります。

川面を流れる「木の葉」理論

今現在を定点に過去と未来を棚卸することによって、良くなった理想のイメージが決まれば、そこから自分を「逆算」することが出来る。そうすれば今の自分は何をすべきなのかを見極めることが出来る。
つまり今の自分と言うのは、これまでの自分が考えてきた「思考の結果」です。
これまでの自分の考え方が、今の自分を形成しています。

そのことに気付くと、再現性のある思考展開を構築すれば、これからの自分を変えることが出来るということにも気付ける。さらに思考のバランスが取れていれば、「後悔」という人生最大のリスクも最小化することが出来るということもわかってくる。

バランスサークル2

バランスサークルには、満足感を高める幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」の6つのカテゴリーあって、そしてその外側に幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」を細分化した「達成感のフレーム」がそれぞれ3つづつ派生しています。思考するときには「問題解決」「不安解消」「願望実現」という「思考するテーマ」を決めて、そのテーマを各カテゴリーごとの「達成感のフレーム」の中から何か1つを選択して、さらにその中身を要素分解していく。

このバランスサークルという「思考のフレーム」でバランス良く考えていけば、背面のレイヤーにある「幸福感の感情構造」も連動するので、必然的にバランスの良い「感情」を作ることが出来るという仕組みになっています。

幸せの定義

このブログのメインテーマは、「バランス」です。
そして、パート2のテーマも「バランス」です。

メインテーマの「バランス」とは 「思考と感情」のバランスです。
パート2のテーマの「バランス」とは、幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」の6つのカテゴリーバランスのことです。これらの「重要なバランス」が「人生の航海図」という1つのフレームに集約されているわけです。

そしてこのブログでは「幸福感」を「今現在の満足感が過去形に変化したもの」と定義しています。
つまり今現在の満足感を高めることが幸福感に繋がるわけだから、幸福感がどうこうと考えるのではなく、「今現在の満足感を高めることに集中すること」にフォーカスしようとしているわけです。

それも思考が偏らないようにバランス良く、しかもシンプルに....というところを追求しようとしているのです。
「今現在の満足感を高める」ということは、つまり「後悔しないこと」です。
逆説的に言えば、後悔さえしなければ今現在の満足感は高まっていくということです。

では、その「今現在をどうやって考えたらいいのか?」という課題に対して出てきたのが、問題解決(過去)と願望実現(未来)に役立つ「ロジカルフィルター」でした。

ロジカルフィルター

そして「足し算」よりもまず「引き算」。「引き算」が大事だと説いてきました。
背中に背負っている荷物をまずは下ろそうと。
身軽になって歩きやすくしようということで、まずは現状からの「引き算」。
だから、マイナス要素である「悩み」や「不安」という問題解決を先にやろうという話に流れになっていきました。

現状の問題解決「引き算」

さらに「引き出しの整理整頓」から始まった思考のプロセスの話では、まず「どの引き出しを整理するのか」を決めました。
そしてそこには「3つのプロセス」がありました。

■引き出しの整理整頓 3つのプロセス
①全部出す。
②分別する。
③不要なモノを捨てる。

この「3つのプロセス」をモノで勉強しました。
整理整頓のプロセスというのは、「モノの整理整頓」も「思考の整理整頓」も全く一緒です。
モノの場合「どの引き出しを整理するのか」を決めるということと、思考の場合「何について考えるのかテーマを決める」ということは同義なのです。だから思考もターゲットの「WHAT」が決まったら、「3つのプロセス」を行えばいいのです。

■思考の整理整頓 3つのプロセス
①BS ブレインストーミング
②GP グルーピング (KJ法)
③PR プライオリティー(優先順位)

モノの整理整頓も、思考の整理整頓も根幹は全く同じです。
両方ともイコールなのです。

①全部出す = ①BS ブレインストーミング
②分別する = ②GP グルーピング (KJ法)
③不要なモノを捨てる = ③PR プライオリティー(優先順位)

この3つのプロセスとは、「思考の発散と収束」そのものです。
人生の後悔を無くしていくということは、人生全体におけるプライオリティー(優先順位)を明確にすることです。プライオリティー(優先順位)が重要だから、この3つのプロセスを大事にするのです。

「3つのロジカルフィルター」と「3つのプロセス」
問題解決では、「WHAT」「WHY」「HOW」という3段階で考えました。
思考を絞り込んで段階的に集中していったのです。

問題解決の手順

1回目は「WHATフィルター」を使って「考えるテーマ」を決めました。
(Q.今現在抱えている悩みは何か?)
その後これを3つのプロセス(BS/GP/PR)で絞り込み、優先順位の最も高い悩みが、今現在の精神的負担になっている要素と言えます。

そして2回目は「WHYフィルター」を使って、根本問題の深堀をしました。
(Q.なぜ私は、パチンコに依存するのか?(仮定))
これをさらに3つのプロセス(BS/GP/PR)で絞り込み、最も優先順位の高い根本原因(仮説)を特定していきました。

その後3回目は根本原因(仮説)をリバースし、「HOWフィルター」を使って改善策を考えました。
(Q.どのようにしたら解決できるのか?)
これも同じように3つのプロセス(BS/GP/PR)で絞り込み、最も優先順位の高い解決策を抽出していきました。

思考をさらに深堀したい時は、それぞれのフィルター内で思考を何回も繰り返せばいい。
そうすることによって「今現在何をすべきか」。
「最良の選択」が出来るようになるというわけです。

不安解消の手順

不安の問題解決の場合も、手順は全く同じです。
但し不安は、思考がまだ起こっていない未来に向いています。
ですからWHYを未来に移動します。
現在のWHATから未来のWHYを介して、HOWに導く。
WHYの位置が変わるだけで、「3つのロジカルフィルター」と「3つのプロセス」の順番は変わりません。

願望実現の手順

思考を過去に向ければ悩みや不満の「問題解決」になるし、思考を未来に向ければ「不安解消」や「願望実現」になる。
定期的に悩みや不満、不安を最小化しつつ、目標や願望を優先順位の高い順に見極める。
そしてどうしたら出来るのか、HOWフィルターを使って「最良の方策」を導き出す。
導き出したら、その「最良の方策」を「今」に落とし込む。
「今」に落とし込めば、今自分が何をすべきなのかが明確になる。
そうやって思考を今に向けて、今に集中していく。

これが今現在の満足感を高める基本なワークフローになります。

■常に自分が何をすべきか考える

私達は「問題解決」「不安解消」「願望実現」という枠組みだけで考えていると、必ず思考は偏っていきます。なぜなら、気が付かないところで、どうしても思考のモレやヌケが発生するからです。
だから私達は、それまで思考してこなかった部分にやがて後悔していくのです。
健康のことを思考してこなければ病気になるし、お金のことを思考してこなければ生活苦になります。
人間関係のことを思考してこなければ孤立するし、時間のことを思考してこなければ時間を浪費している自分に永遠に気付くことは出来ません。

「人生の後悔」を最小にして行くには、人間として生きていくうえで不可欠な要素をバランス良く思考し行動していくこと。
健康のために「栄養のバランス」を考えて食事をするように、満足度の高い人生を送るために「思考のバランス」を取っていく。
栄養に「タンパク質や炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラル」といったカテゴリーがあるように、人生にも「人、仕事、お金、知識、健康、時間」という各カテゴリーがある。
だから「問題解決」「不安解消」「願望実現」を思考する際は、この各カテゴリーに「思考の最適配分」を行ってバランスを取るのです。その「思考の最適配分」を行うためのツールが「バランスサークル」です。
そして「思考の最適配分」を行うための「バランスサークル」と、バランスの取れた「感情」を生成するための「幸福感の感情構造」という2つのレイヤーが合体し構成されている「人生の航海図」を使って、今現在の満足感を高めていくのです。

思考するテーマが「問題解決」なのか。「不安解消」なのか。それとも「願望実現」なのか。
いずれにしてもそれぞれのテーマをフォーカスして、この「人生の航海図」というフレームで考えていけば、誰でも簡単にバランスの良い思考配分が出来る。「人生の航海図」は、シンプルだけど便利なツールなのです。

これを使って思考すれば、今の自分が何をすべきなのかが明確になる。
自分がどこに向かって歩いていったらいいのか、これで「目的地」を設定することが出来るようになります。

簡潔に要約してしまうと、次のような思考プロセスになる。

●問題解決 (過去) → 引き算 (改善)
幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」の6つのカテゴリーに対し、次の順番で思考を展開していきます。
WHAT (BS/GP/PR) → WHY (BS/GP/PR) → HOW (BS/GP/PR)

●不安解消 (未来) → 引き算 (改善)
幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」の6つのカテゴリーに対し、次の順番で思考を展開していきます。
WHAT (BS/GP/PR) → WHY (BS/GP/PR) → HOW (BS/GP/PR)

●願望実現 (未来) → 足し算 (改革)
幸せのバランス要素「人、仕事、お金、知識、健康、時間」の6つのカテゴリーに対し、次の順番で思考を展開していきます。
WHAT (BS/GP/PR) → HOW (BS/GP/PR)

どのような場合も、今現在私達が集中すべき課題は、HOWの (PR)。
つまり、HOWどのようにしたら.....で導き出したプライオリティー(優先順位)の一番が、今現在私達が集中すべき最も重要な課題になる。これが今現在の満足感を高めていく秘訣になるんだ。

人間の認知プロセスは、知覚 (視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚) → 思考 (知識・経験体験の記憶情報による認知) → 感情 → 行動の順番で情報処理し行動する。

五感 (視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)で情報を知覚したものが何であるのか。
それを判断したり解釈したりするプロセスが「思考」であり「認知」です。
「感情」や「行動」と言うのはその後です。
私達は今ここで「認知プロセス」の「思考」をどう変えていくか、その方法論を学んでいる。

「幸福感」とか「満足感」というのは「感情」ですから、その「感情」をより良いモノに変えていくには、その前のプロセスにある「思考」を変えなきゃいけない。
だから私達は今、その「思考」をこのツールを使って変えようとしているわけだ。


「思考」が変われば、当然「感情」も「行動」も必然的に変っていく。
今、自分の目で見えているものが何なのか。
今、自分の耳で聞いているものが何なのか。
それって本当に正しい認識なのか。
定期的に自分の思考を見つめ直していく。
今の「思考(認知)」が、本当にベストかどうか。
常にそこへ興味を持ち、自分を「知り」「気付く」ことです。

それを具体的にするのが、この「人生の航海図」という万能ツールです。
今現在の満足感の精度というのは、このようにして高めていく。

クリードR

■クリード チャンプを継ぐ男
2015年 アメリカ映画
監督 ライアン・クーグラー
主演 マイケル・B・ジョーダン
    シルヴェスター・スタローン

私は俳優のシルヴェスター・スタローンが大好きで、この人の映画をよく観ている。
『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品となったこの「クリード チャンプを継ぐ男」では、スタローンは年老いたロッキー・バルボアを再び演じた。この映画は本当に良かった。
映画「ロッキー」では、ロッキーのライバルで親友のアポロ・クリードというボクサーがいたんだけど、ロッキーの3作目で試合中に死んじゃう。
「クリード チャンプを継ぐ男」に登場するアドニス・ジョンソンはそのアポロ・クリードの息子で、父と同じプロボクサーの道を歩むために仕事を辞めて、余生を送っていたロッキーを訪ねる。父のライバルであり親友だったロッキーに自分のトレーナーになってほしいと頼み込み、年老いたロッキーと共にボクサーとして成長していく姿を描いた物語だ。
この映画の中で、年老いたロッキー・バルボアが練習中のアドニス・ジョンソンに語るこんなセリフがある。

「いいか...お前に言っておくことがある。
戦うのは俺じゃない。言い訳は通用しないぞ。
今こそお前の底力を見せろ。

いいか、常に自分が何をすべきか考えるんだ。
俺がいなくても練習を始めろ。頑張れ....チャンプ」

シルヴェスター・スタローンに「常に自分が何をすべきか考えるんだ」って言われると、何だか説得力があるんだよね。

「常に自分が何をすべきか考える」
今現在の満足感を高めるって、やっぱりこの一言に尽きるんじゃないかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://makeahappiness.blog.fc2.com/tb.php/144-0d4845d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。